食品製造業食品製造業

  1. TOP
  2. 法人のお客様
  3. 食品製造業
食品製造業

厚生労働省食品衛生法登録検査機関

ISO/IEC17025試験所認定取得

※食品中の残留農薬分析、ケイラックスアッセイ(ダイオキシン分析)の範囲にて認定取得

各種法改正に対応 食品表示法/食品衛生法新規格基準

『食品表示法』が平成27年4月1日に施行され、任意表示であった栄養成分表示が原則義務化されました。また、平成26年12月22日には清涼飲料水・ミネラルウォーター類の規格基準が改正され、検査項目が大幅に変更されています。弊社では新規格基準に対応した検査、また残留農薬検査等、各種食品検査をご用意しておりますのでぜひご依頼ください。

尚、結果をお急ぎの場合、また下記以外の検査をご検討されている場合は、ご要望に応じてスタッフが対応致しますので、お電話またはお問合せフォームからご連絡下さい。

こんな方が検査されています

  • 食品製造業
  • 食品加工業
  • 農産物生産業

業界最安値クラス 工場排水 水質パック(R)

施設管理者様の悩みを解決!アナレポ

商品一覧

食品検査

平成27年4月1日に『食品表示法』が施行されました。
一般消費者に販売される全ての加工食品・添加物を対象に栄養表示が原則義務化、またナトリウムの表記も食塩相当量に変更されました。(経過措置期間あり)弊社では栄養表示基準に基づいた分析方法(平成27年3月30日消食表第139号)にて検査を実施しています。栄養表示が許容差範囲外になるのを防ぐためにも、理論値ではなく、実際の分析値を用いた栄養表示をお薦めします。

<最短3営業日にて対応可能>
お急ぎの場合は、電話またはお問合せフォームよりご連絡ください。

食品加工業者様向け栄養成分分析のご案内

水質検査

「飲用適の水」の名称が「食品製造用水」に変更されました。
多くの企業様が安心・安全な食品を提供するため年1回以上の「食品製造用水」の水質検査を実施されています。

食品製造用水の規格基準改正について

残留農薬検査

ポジティブリスト制度に対応したリスク管理と残留農薬検査が重要です。
食品中に残留する農薬等の規格基準は、『ポジティブリスト制度』の施行(平成18年5月29日)により、約800項目の農薬、動物用医薬品、飼料添加物に基準値が設定され、加工食品を含む全ての食品に適用されました。(一律基準含む)
当社ではこれに対応して下記のような一斉分析メニューを実施しております。

残留農薬検査のご案内

上記以外の検査をご希望の方はこちら

業界最安値クラス 工場排水 水質パック(R) 検査項目と検査頻度をカスタマイズ 年間契約でお得!

栄養成分検査一覧

検査項目 栄養成分7項目検査
(義務表示項目)
栄養成分9項目検査
(推奨表示 食物繊維含む)
1水分
2タンパク質
3脂質
4灰分
5炭水化物
6糖質 -
7エネルギー
8食塩相当量
9食物繊維(プロスキー法) -